top.png
Group 60.png

Partners

Group1.png

アドバイザリーボード

Helen W. Boucher:医学士、FACP、FIDSA、地理医学・感染症部門長/タフツ医療セ ン タ ー心 臓 移 植 ・ 補 助 人 工 心 臓 感 染 症プ ロ グ ラ ム責 任 者 /タ フ ツCenter  for Integrated Management of Antimicrobial Resistance(CIMAR)責任者

Jonathan Daniels:膵嚢胞性線維症財団方針・提言担当シニア・マネージャー

Greg Frank:バイオテクノロジーイノベーション協会(BIO)感染症方針担当シニア・ディレクター/Working to Fight AMR責任者

Phyllis E. Greenberger:医療ソーシャル・ワーカー/Healthy Women科学・健康方針担当シニア・バイス・プレジデント 

Nicholas Harrison:公衆衛生修士、文系修士/デューク大学マルゴリスヘルスケア政策センター ポリシー・アナリスト 

Amanda Jezek:米国感染症学会広報・政府渉外担当シニア・バイス・プレジデント 

Brett McReynolds:米国自己免疫疾患協会(AARDA)プログラム・公共政策担当バイス・プレジデント

Jewel Mullen:医学士、公衆衛生学修士/テキサス大学オースティン デル・メディカル・スクール健康公平性 副学部長、人口保健学部准教授

Kevin Outterson:CARB-X創業者兼エグゼクティブ・ディレクター/ボストン大学ロースクール教授

John Rex:F2G Limited最高医務責任者(CMO)/AMR Solutions創業者

Kristin Schneeman:ミルケン協会Faster Cures責任者

Monika Schneider:博士/塩野義製薬株式会社グローバルAMR方針責任者

​Kenneth E. Thorpe:博士/慢性疾患対策パートナーシップ会長/エモリー大学ロリンス公衆衛生大学院Robert W. Woodruff教授、保健政策・管理学科長

Jocelyn Ulrich:公衆衛生学修士/米国研究製薬工業協会(PhRMA)方針・研究・メンバーシップ担当バイス・プレジデント補佐

Group1.png

アドバイザーメンバー(日本)

石井 健:医師、博士/東京大学医科学研究所 教授 

岩本 愛吉:東京大学名誉教授

Group1.png

パートナー団体

FOOTER BACKGROUND.jpg
WHITE logo.png

PFIDについて

Partnership to Fight Infectious Disease(「感染症と戦うパートナーシップ」)は、感染症による脅威への意識向上に努める患者、医療従事者、地域組織、学術研究者、事業・労働団体、感染症専門家で構成される団体です。将来のパンデミックへの備えを強化するために活動しています。

tw.png
in.png
PFIDへのお問い合わせ

メッセージは送信されました。

お問い合わせ有難うございました。